今年はどうして発生報酬を重視したんだって話をするぜ!

fear-981384_1920

発生なんて飾りです。エロい人にはそれがわからんのです!

 

普段はこのブログはウダウダと何かを書いてから最後にタイトルを付けます。

アクセスが欲しかったりCVさせたい場合はキーワードが重要ですが、このブログはどちらもそれほど重要視していないのでそんな形になる訳ですが、今回は久しぶりにタイトルを決めてからブログを書きます。

普通は確定報酬を重視する

 

アフィリエイトの報酬には二種類あります。

ご存じ発生報酬と確定報酬です。

通常は後者の確定報酬を指してアフィリエイトの報酬とします。

なぜなら、アフィリエイトの報酬は確定されなければ口座にお金が振り込まれないからです。

因みにこれは物販の話で、情報商材なら100%発生が確定します。

物販の場合は各ブログなりメルマガなりのアフィリエイトリンク経由でその商品を購入した場合、いわば宣伝料として報酬を受け取る訳ですが、購入者が途中でキャンセルしたり、報酬条件に合わなかったりすると報酬は非承認という形になります。

成果が承認される過程は我々にはブラックボックスとなっており、明らかな不正を行っている広告主も存在していると聞いています。

実際に資料請求が確定条件なのに、なぜか20%ぐらいしか承認されないプログラムもあります。

 

いくらお金が入ってきたかを重視していなかった

 

通常、アフィリエイトをやる目的は金儲けです。

どんなお題目を掲げてもそれがアフィリエイトの本質であり全てだと思っています。

社会貢献の為に無料で近所の小学生や中学生に勉強を教えることはあるでしょうが、社会貢献のためにアフィリエイトをするということはまぁ、あまりないでしょう。

将来的にはチャリティアフィリエイトみたいなことはあるかも知れませんけどね。

フェスやって商品買って売り上げは全部ユニセフに寄付みたいな。

まぁ、そんなことはどうでもいいんですが、私の場合はアフィリエイトなんて怪しい商売でお金が入ってくる訳がない!と固く信じていました。

ルレアを買う際も、教材代金を回収できるとは思っていませんでした。

このブログでもよく書いているように、目的は独立だったので、サイトの作り方とか以前にドメインやサーバーの準備の段階からよくわからなかったし、更には「集客のスキル」なんてもっとよくわからなかったんですよ。

独立するにはお金がかかります。

教育業界で独立しようとしたら事務所費がかかりますが、これはそれほどでもないんです。

重要なのは「広告費」

個人塾はほとんど死滅状態にありますが、個人ではこの広告費を捻出するのが難しいのが理由です。

残っている個人塾は口コミなんかで集客しています。

テレビコマーシャルをやっているような有名塾でさえ少子化の影響で苦しい経営状態です。

サピックスや鉄緑会は更なる大手の傘下に入りましたし、統廃合がかなり進んでいます。

かと言って会社に残るという選択肢はありませんでした。

アフィリエイトを始めて1年間、私は会社を辞めませんでした。

でも、その間に随分多くの人が会社を辞めました。

この一年で辞めた人間の数は自分のいる事務所だけで3人。

今残っているのは私ともう一人だけです。

信じられないですよね?

本来なら、会社員やりながらアフィリエイトすれば最強なんですよ。

会社以外に何十万も副収入があるって最高じゃないですか?

会社の給料だけで年収500万、600万なんて不可能ですけど、アフィエイトが組み合わされば全然可能になるんです。

けど、会社に残る気持ちは微塵もありません。

私が会社に入った時、私の他に7人ほど人がいました。

その中で今も残っているのは1人だけです。

正社員ではなく契約社員の方です。

其の後何人も辞め、何人も入ってきました。

我々は、いくらでも替えの効く消耗品です。

そんな消耗品から抜け出すにはどうすればいいのか?

必死に考えたのが自ら仕事の取れる媒体の運営でした。

去年の10月からファンブログにてブログの運営を再開しました。

以前も記事を少し書いたのですが、すぐに飽きてしまい、そのままになっていたブログです。

以前の記事は全て消去し、新しく記事を書きなおしました。

今思えば、ここで新規アカウントをとっていたとしたら大分状況が変わっていたと思います。

当時はとにかくブログにアクセスを集める方法ばかりを考えていました。

ブロガーの「アクセスを増やすために行った5つのこと」みたいな記事をずっと読んでいました。

その成果もあって、一時期は月に60000PV程あった時もありましたね。

そして去年の12月に初めてグーグルアドセンスをブログに貼りました。

何がいけなかったのか、月に1000円程の報酬だったと思います。

これがネットで稼いだ初めてのお金です。

実際に振り込まれたのは後の話なので実感はありませんでしたが、ネットでもお金が発生するんだということと、これだけアクセスがあってもこれしか稼げないのかということを考えていた気がします。

それにそもそも論ですが、アクセスだけ集めても意味がないんですよね。

集めたい属性を集めないとビジネスにはなりえないんです。

でも、去年の私には集めたい属性を集める方法、すなわち「集客スキル」がまるでなかったんです。

 

欲しかったのは集客スキル

 

グーグルアドセンスについて調べている時、「lurea」という単語をよく聞きました。

その後の展開はこのブログの初回に書いた通りです。

当時はアフィリエイトで稼ぐという考えはありませんでした。

去年の12月、どういう経路でたどり着いたかは忘れたのですが、有名な「9割は失敗だった」さんのブログを読んでおり(長い間ブログの題名を忘れていたため再び読むことができたのは今年の5月頃です。随分探しました)、ブログで稼ぐのは大変なのだなぁと思っていましたね。

なにせ、専業でやって1万円稼ぐのに1年かかっていた訳ですから。

もっとも、この時点で9割さんのブログを読んでいたのは幸いでした。

よくネット上で、「1万円しか稼げてないよエーン」みたいなブログを見るのですが、1年以内に1万円稼げているのなら相当だと思います。

私も1年後に1万円稼げたら奇跡ぐらいに考えていました。

前置きが大分長くなってしまったのですが、「発生」させるということは、私の中では「集客」ができたことと=なんですよね。

 

発生が確定になるかどうかは運だよな

 

情報は明暗を分ける

元々案件毎の承認率を知ってアフィリエイトに臨む人は少ないと思います。

稼いでる人のコミュニティにでも属していない限りは、ですが。

案件毎の承認率が分からない以上、初心者がいくら確定されるかは完全に運だと思っています。

運も実力のうちと言われればそれまでですがね(~~)

この点に関してはこの数か月でこの辺りは劇的に改善されましたが、それでも初心者が月3万以上を稼がないと承認率を見られないのはやはりキツイですよね。

下手をすれば今まで作ってきたサイトが無意味なものに思えてしまうことでしょう。

確定率10%以下のプログラムを必死こいて紹介するサイトを作っていた日には…

だからこその「量産」なのかも知れませんけどね。

つくづくルレアはよく出来ていると思いますよ。

最近ではアフィリエイトファクトリーが販売停止になった影響か、ルレアをアフィリエイトする方が増えてきた印象があります。

でも、実践者とそうじゃない人間の間には大きな差があると思っています。

ルレアは実践型の教材です。

どんなにアフィエイト経験が豊富でも、やはり実践していない人間のレビューにはズレを感じます。

ルレアのミドルレンジを量産する目的の一つに、「出るプログラム」を見つけるというのがあると思います。

その出るプログラムが「承認されるプログラム」かどうかは分かりません。

ので、「出る かつ 承認される プログラム」を量産によって見い出し、そのブログラムを中心にロングレンジを構築していくのがルレアという教材の本質だと思っています。

 

来年は確定を重視していく

 

来年はアフィリエイト2年生になります。

しかも会社も辞めます。

文字通り「プロ」にならないといけません。

通常、どんな世界でも1年でプロになるんて不可能です。

野球を始めて1年でプロになりました!

将棋を覚えてから1年でプロになりました!

↑どう考えてもおかしいんですよね?

おかしいんですけど、やらないとならない訳です。

自分を保護してくれるものは何もありません。

誰も助けてはくれません。

たった一人、自分自身を除いては。

本当の闘いが始まるのは来年の春以降です。

それまでは少しの間モラトリアム

今は収穫の時期ではない。

今は種を撒く時なのだ。

私は知っている。

撒いた種はいつか実をつけるのだと!!