ランキングサイトの1位には何を置くのかって話

6cc45e0be32984dfc031c2978516af71_m

 

私は小さい頃からクリスマスが嫌いだった。

理由は私の一族が熱心な仏教徒だった為だ。

叔父など寺の住職をやっている。

御蔭でキリスト教の聖夜になると家中が殺気だっていた。

「どうして僕はプレゼントもらえないの?」

そう聞いたことがあったような気がしたが、

「あれは邪悪な人間達が商売の為に作り出した幻想に過ぎないのだ」

というような説明を受けた気がする。

私の人格的な歪みはここらあたりから来ているのだろうな。

そんな私にも今年クリスマスプレゼントがあった。

30000円分のキャンセルだ!

 

アフィリエイターはもっと怒りを感じるべきだ!!

 

アフィリエイトにはいくつかの段階があると思う。

まずは最初の発生。

これがかなり厚い壁だ。

ルレアの実践者なら誰でも、最初に報酬が発生した瞬間は覚えているはずだ。

実際はアフィリエイトにおける喜びのピークがそこだ。

0⇒1にある瞬間こそがアフィリエイトにおける最大の喜びであると言えるだろう。

多分。

次は月1万円ぐらいだろうか?

私は月1万円を越えるのに4か月かかった。

世の中には4か月で10万を超えるような才能のある奴がいるので、私なんかセンスのない方だというのが分かる。

次は月5万かと思ったら、1万を超えた次の月には10万ぐらいになっていた。

思えばこの辺りで扱っていたのは承認率の高いプログラムだった。

ので、発生と確定の間いある違いなど意識していなかった。

それが顕著にあらわれたのが今年の6月だった。

不思議なことにこのブログで一番読まれている記事が6月の報酬発表会だ。

⇒6月の報酬

半分ぐらいキャンセルされている。

7月にはあっさり確定で20万を越えたが、そこから5か月経っても確定30万を超えていない。

現在未確定報酬がA8だけで80万円近く存在している。

が、確定30万を超える気がしない。

全ては承認率の問題だ。

本来なら発生爆揚げでイエーイ!!状態の筈なのだが、気分はかなり暗い。

気分が悪い理由としては、勿論報酬が下がるということにもあるのだが、何より踊らされた感が強いのが原因だ。

要は私は、私達弱小アフィリエイター達は利用され続けていたのだ。

このことに我々はもっと怒った方がいいんだよ!!

 

ブラック会員になった瞬間に黙る訳

 

A8ネットは商売がうまい。

多くのアフィリエイト実践者のブログを読んできた。

9割くらいが更新が途絶えている印象だ。

そのうち9割は結果が出なくて辞めているのだと思う。

でも、ブラック会員になった瞬間に更新しなくなるパターンが結構多い。

ブラック会員になると途端にそれらのことには触れなくなるのだ。

私の知っている限り、ブラック会員になった後も承認率とEPCの問題に突っ込んだことを書いているのは成り上がりアフィリエイトぐらいだ。

後は大体黙る。

理由がよくわかる。

承認率とEPCを見られるようになって初めて、我々はいいように扱われていたことに気づく。

でも同時に、特権が与えられたことにも気づく。

だからそのことには触れないようにする。

なぜならもう、いいように扱われる立場にはないからだ。

承認率の低いプログラムはリストラすればよい。

黙ってそれを実行すればよいだけのことなのだ。

でも、そこにも一つ問題がある。

 

ランキング記事が有効な理由がよくわかるよ

 

ランキング記事に関してはまたどこかで書く。

ここで触れるのは、ランキング記事は張り替えが簡単だということだ。

例えば「どろあわわ 効果」とか「どらあわわ 口コミ」でアクセスがあるとする。

のちにどろあわわの承認率が低いと判明したとしても、これをどうすることも出来ない。

一方「つっぱらない洗顔料 ランキング」でアクセスを集めるとする。

どろあわわを1位としていたとする。

そしてのちにどろあわわの承認率が低いことが判明する。

それならもっと別の商品に張り替えればよいのだ。

更に言えば、「どろあわわ 口コミ」からランキングページに誘導すればよい。

よく言われるクロージングだ。

実際よほどのことがない限りランキング1位しか出ない。

因みにこの取り方は広告主側とケンカになる可能性があるので私はお勧めしない。

この場合はどろあわわ側から苦情が来る可能性がある。

*どろあわわの承認率は悪くない。とても優秀なプログラムです。

だからアフィリエイトサイトのトップページは大体ランキングなんだよなぁ

 

1位に何を置くかは難しい問題だ

 

アフィリエイトサイトの問題点はその信憑性のなさだと思われがちだが違う。

この辺りはまた別の記事で書こうと思う。

訪問者は時間がないんだ。

だからランキングを見る。

問題なのはここに何を置くかだ。

「格安スマホ攻略情報局」では楽天モバイルを1位に置いている。

理由はいくつかある。

MVNOとしては優秀な部類だ。

独占機種もかなり多い。

でも、それ以上にとてつもなく出やすい。

別のブログで楽天モバイルを紹介したらかなりの勢いで出た。

そもそもそれが「格安スマホ攻略情報局」を作ろうとしたきっかけだ。

出るプログラムを中心に作る。

ルレアのミドルレンジなんかは、この「出るプログラム」がどれかを知るために量産をするという側面が非常に強い。

始めはどれが出るのかわからないから量産するしかない訳だ。

一昔前はブラックになるまで量産するか、実績を残してASPの中の人と仲良くなるしかなかった。

なので初めから楽天モバイルありきでサイトを作っている。

実際問題楽天モバイルのEPCは非常に優秀だ。

他の格安SIMの10倍から酷いと100倍ぐらいの差がある。

これほど出るのにはいくつかの理由がある。

それらは全てネットとの親和性という一言で片づけられる。

楽天モバイルなら、いちいち個人情報を入力するする必要はない。

楽天グループのIDで登録できるからだ。

更にはポイントも沢山つくし、そもそもSIMカードも優秀で、しかもテレビコマーシャルが大成功した。

文句なさそうである。

でも、承認率が悪い。

A8の承認率にはセルフバックも含まれる。

にも関わらずだ、50%を下回っているということはどういうことだ?

これは明らかにおかしい。

楽天グループの承認率には昔から色々言われていた。

不正があるとしか思えない。

かつて、ASPのセミナーに参加した時、格安SIMの承認率が軒並み90%を超えていた。

MVNOではないが、Y!mobileの承認率だけが以上に悪かった。

実際Y!mobileも先月キャンセルをくれやがった。

それはまぁいい。よくないけどいいことにする。

でも楽天モバイルほどでない。

IIJmioに関しては、ずっと2位にいるのに一個も出ない。

正直出ても安いのだが…

話がそれた。

格安SIMは手続きも非常に簡単だし、こんなにキャンセルが出る訳がない。

ついでに言うとサービスも最悪に近い。

以前このブログでもキレていたが、私は楽天モバイルのカスタマーセンターのオバ様にぶちギレた。

コールセンターでブチ切れたのはアマゾン依頼二度目だ。

完全に向こうの手違いなんだよ。

にもかかわらずこちらから向こうに7回も電話した。

毎回待たされるわけだ。

思い出したらまたムカツいてきた。

何ムカツいんてんだコイツマジワロスWWWとか思ってるやつがいたら、今使っているスマホのコールセンターに七回電話してみやがれクソが!

と、穏やか(?)な私がケンカ腰になってしまうほどに腹を立てている。

それでも出るのだからしょうがないとプッシュしてきたが、この承認率ではプッシュする理由はもうない。

そもそも、数か月前は確かに楽天モバイルは最も優れた格安SIMだった。

今は違う。

ガチなランキングを作るとすれば圧倒的1位はUQmobileだ。

これはサイトでも言っているし、正直UQmobileとその他ぐらいの差がある。

でも問題がある。

UQmobileはau回線にしか対応していない。

圧倒的多数のドコモユーザーを取り込めないのだ。

また、基本プランも非常に弱い。

殊通信という面では圧倒的に優れているが、その他は全然ダメなレベルだ。

承認率もなぜか低い。

WiMAXのせいで企業のイメージも悪い。

総合的に見て優秀なのは、

mineo、DMMmobie、IIJmio,NifMo

の4つと、やはり楽天モバイルだ。

BIGLOBE SIMも悪くない。

OCNモバイルONEはダメだ。びっくりするぐらいダメだ。

NifMoが撤退したのは非常に痛い。

どうやら価格.comが独占契約しているようだ。

NifMoはトップ5には確実に入る。

総合すると最も優秀なのはmineoになる。

ここでいう総合とはプログラムの優秀さも含めてだ。

mineoは優秀だ。承認速度が妙に遅いこと以外は全てが高次元にまとまっている素晴らしいプログラムだ。

auとドコモ回線にも対応している点も素晴らしい。

じゃあなんで1位じゃないんだと言われると、色々と弱い面もあるのだ。

例えばDMMやIIJmioはデータを3枚まで共有できる。

すなわち家族三人で10GBを契約すれば、家族三人の通信費が1万円以内で済むのである。

mineoにはそういった基本料金の面で他に劣ってしまう。

他にも、楽天モバイルなら楽天市場のポイントが二倍になるという強力な特典あり、NifMoにはバリュープログラムという大変優れた特典がある。うまくいくと近所の居酒屋が半額で利用できたりするのだ。

mineoにはそう言った意味でのパンチが足りない。

DMMは優秀なプログラムだが、母体がアダルトなので肝心のファミリー層に訴求が出来ないという欠点がある。

そのためかEPCが非常に低い。

総合的に見ると、やはり訴求のしやすい楽天モバイルが残るのである。

承認率以外は優れたプログラムなのだがなぁ…