アフィリエイトの実践で辛いことって何だと思う?

814V75MSZTL__SL1500_

 

前回の記事は真面目に意味不明でしたね…

書いた記憶すらないですよ…

過剰にやってみた

 

外注記事が貯まっていたので、一気にブログに投稿してみました。

2日で35記事ぐらい入れたんですけど、これがなかなか頭のおかしくなりそうな作業でした(><)

受刑者にひたすら穴を掘って埋めて掘って埋めてを繰り返させると発狂してしまうという話に似ていたと思います。

人は、無意味な作業の連続に耐えられないようにできているんですよ!!

外注した記事をひたすらに投稿する。この作業にまるで意味を感じられなかったんですよね…

 

アフィリエイトの実践で辛いことって何だと思う?

 

それは自分の作業に意味を見いだせなくなることだと思います。

アフィリエイトに限った話じゃあないですけどね。

アフィリエイトは実に挫折率の高いビジネスです。

それは1つに「ほったらかしで、楽に、片手間で稼げる」という一部の利権を得る者達によって操作されたデマによる洗脳の効果もあるのでしょう。

思ったより稼げないじゃねぇか!! ってなって挫折するパターン。これは挫折ではなく投げ出すと言った感じですが、もう一つのパターンがそこに意味を見いだせなくなるからだと思っています。

人はパンのみで生きるのではない

バイブルにある一節ですね。

名言中の名言と言えるでしょう。

アフィリエイトの目的は金銭です。

ここに第一の挫折ポイントが待っています。

アフィリエイトを沢山しているはずなのに、金銭が得られない。

同じ時間アルバイトをしていたらいくらになっていただろうか?

アフィリエイトは時間給ではないですし、かけた時間と報酬が比例する訳ではないです。

でも、やり続ければ結果は右肩上がりになっていくという幻想にも似た想いのせいで、時間をかけたのに稼げないじゃないか!! となる訳です。最悪な場合消費者センターに駆け込みます。消費者センターの仕事って大変だろうなぁ。

よしんば報酬が発生し始めると、今度はやりがいのなさに挫折しかけます。

特に量産アフィリエイターはこうなりやすいと思います。

私が量産が苦手なのはこの辺りが理由ですね。

理論的に、月に10サイトづつ作れば年に120サイト、10年続ければ1200サイト出来上がります。

仮に10%が月1万を稼ぐとすれば月に120万ぐらいの収入になります。

そういう意味では、確かに誰でも月100万いくかも知れません。

でも、本当に誰でも月100万いくでしょうか?

実際に10年以上アフィリエイトを続けている人はどのぐらいいるのでしょうか?

 

10年続くブログは少ない

4033689f883867a508aa8f58556b1c9b

 

少し興味深いデータがあります。

上記のデータによると、一日500PVを超すブログは非常に少ないということになります。

1日50PV以上でも上位20%という統計ですね。

実際多分、そんなものだと思います。

月10万PVだのが目につくのですが、それはずば抜けているからこそ目に付く訳です。

さらにこんなデータがあります。

 

 

gn-20091104-22

 

 

簡単にまとめると、趣味のブログほどPV数が少ないという結果になると思います。

月10万PV以上になると完全にマネタイズされたブログばかりになります。

PV数が少ないと自然とブログの更新は止まります。

PV数が多くても自然とブログの更新は止まります。

私自身は、最高でも月6万PVぐらいまでしかいったことがないのですが、その頃は妙なプレッシャーを感じていました。

東京ドーム一杯の人が1月で自分のブログを訪れる訳ですからね。

始めのうちは気楽に書いていたのに、読者が増えるとプレッシャーで更新し難くなる訳です。

そしてそのうち更新しなくても全く問題ないことに気づきます。

PV数が少ないと、段々ブログを更新する意味を感じられなくなります。

壁に向かってしゃべっているようなものですからね。

ブログ村でもブログランキングでも、登録されているブログは数十万を越しますが、生きているブログは少ないです。

更に毎日更新しているブログは更に少ないです。

 

動機は作業を最適化する

 

ルレアプラスの話になります。

ルレアプラスは全部で13もの項目に分かれていますが、やはり最も重要なのは「マインド編」だと思います。

教材にも書いてありますが、ここがブレルと全体がブレテきてしまうというポイントであると言えるでしょう。

上記の表にあるように、ブログを更新し続ける最大の動機は

マネタイズ

です。

人はパンのみで生きるのではないですが、

パンがなければ生きてはいけません。

ライオンやトラが狩りをするのは食糧を得るためです。

そうでなければ狩りはしません(シャチは少し違うみたいですけど)。

ブログをやるのは何の為でしょう?

 

アフィリエイトの作業は辛い

 

辛くなければ嘘だと思っていますよ。

「楽に、片手間で、稼げるよ~ん♪」

こうしないと教材買ってくれないですからね。

最近ではインフォトップの売れ筋ランキングからアフィリエイトに関する商材が姿を消しているそうですね。

代わりに多いのが「FX」

で、その歌い文句が「楽して~片手間で~一日10分で~」

投資なんて、9割の敗者と1割の勝者で成り立っているビジネスです。

1兆稼ぐ人間がいる一方で、9割はマイナスになる世界です。

大手の企業は1000分の1秒単位で売り買いが出来るシステムを持っており、個人ではよほどのことがないと勝てないように出来ています。

話が少しそれるんですが、個人的には絶対に投資のアフィリエイトサイトだけは作らないようにということは決めています。

私自身、10年以上前から投資をしていて、アフィリエイトの資金はそこからねん出していたりもするのですが、絶対に他人には勧めません。

人生が破たんしてしまうリスクがあるからです。

事実、素人が投資に手を出した為に人生が狂った例が沢山あります。

どれだけの人間の人生が狂おうと、証券会社は笑っています。

首つり死体を目の前に笑っていられる人間達です。

私は首つり自殺をした死体は作りたくない。

と、話が大きくそれてしまいました。

仕事なんてどれも辛いものですよ。

たまに楽ななのもありますし、必要以上につらい仕事もある。

だから、アフィリエイトだって辛くて当たり前だと思っています。

辛くなったときには、なぜ自分がこれをしなきゃいけないのか?

これをすることによって何を得たいのかを考える。

それが全てであるような気がします。