理想のブログって何? ユートピアを求める者は道半ばでついえる運命?

525x478xd8f3bde19bb2e5e360fcb2ef

このブログは質を落として更新頻度を増やすキリッとか言ってたのは今は昔…

理想のブログ

 

理想的なことを言えば、高い更新頻度で、1記事あたりの文字数も多く(10000文字ぐらい)、もちろん品質も高い記事を書き続けるのがよい。

けど、そんなことを出来る人間はいない。

どこにもいなんだよ!!

文字数が多い方がグーグルには受けが良い。

これは間違いがない。

「MVNOランキング」というキーワードで10000文字以上の記事を書きましたが、やはりそこそこ上がりましたね!!

 

2015y09m09d_042243859

 

1ページ目に来たら泣く。3ページ目になっても泣く。

記事を書いて3日後には50位以内に入っているので、やはり文字数はあった方がよさそうですね。

以前の記事にも書きましたが、少ない文字数で沢山更新するより、多い文字数で少ない更新した方が色々とよさそうですね。

でも、そうなると1記事のハードルがものすごく上がってしまいます。

色々なキーワードで上位表示をしている記事を見ると、やはりそれなりの文字数と内容があります。

そうでない記事はやはりすぐに消えますね。

ある程度上位を維持するのには記事の質と文字の量が必要。

そして、そういう記事を書くのは疲れる。

 

無駄打ちができなくなりつつある

 

私は元々量産が苦手で、ショートレンジも50前後ぐらいしか作っていないと思います。

ミドルが12前後ぐらいとルレア実践者が聞いたら

「量がたりないんじゃボケカスゴミ!!」

とマジギレされそうな数字ですな(^^;)

段落の所には「できなくなりつつある」と書きましたが、元からできていなかった…

私だけではないと思うのですが、無意味な作業って人間出来ないと思うんですよね。

これを書くことによって収益が上がる!! そう思って書く訳です。

でも、少しずつ経験値が上がると、「あぁ、これは報酬でないなぁ」ってのがなんとなくわかってくる訳です。

逆にこれは結構イケルんじゃないの? という時にはやはりいける。

そうなると文字を書くのも苦痛じゃなくなって、結果的に文字数も多くなる。

ただ、そうなると段々と記事が書けなくなってくるんですよねぇ。

今その状態に陥りつつあります。

単純に、記事を書く体力がない。

しかし書かなければ報酬は上がらない。

10000文字を越える記事をいくつも書く。

2日で1記事としても月に15記事。

1000文字の記事を150記事書くよりもそちらの方が確実に報酬があがるのは間違いがないですね。

以前からちょくちょく話題にしている20000文字以上のペラサイトは、今月(9月9日時点)で既に30000円の売り上げがあります。

重要なのはページ数ではないという証明ですね。

作る前から「これで取る!!」と気合を入れたサイトで、当時の全力を注ぎこみました。

冒頭のMVNOランキングも、全力はつくしました。

ただ、改めて読むと文章がよくないので、ちょくちょく修正は加えると思います。

調べることに労力を使い、書くことに労力を使い、修正することに労力を使う。

適当な記事と違って非常に手間も暇もかかってしまう訳です。

が、やはりその分効果も高い。

長文を決め打ちしていくのが自分に最もあったスタイルなのかも知れないと思う今日この頃です。

10000文字の文を書くのはショートレンジの記事100記事作る以上に労力を使う…

アフィリエイトは苦行…