大きな網では小さな魚を取り逃す ~アフィリエイトにおけるターゲット~

600x337xb832010aee767cf43221cba6

 

 

現在AM3:00

あまりにも疲れすぎたので寝て起きたらこんな時間になってしまった…

最近は1記事が長くなりつつあったので、ここいらで元の短めの記事を書く方向に軌道修正したいと思います。

最近の記事は完全に病んでたなぁ…

さて、表題の「大きな網では小さな魚を取り逃す」ですが、

アフィリエイトをやっていて思うのは、ターゲットを絞れば絞るほど成約率は高くなるということですね。

当たり前じゃないか!!

って感じなんですけど、わりとこの点は奥が深いと思っています。

いわゆるビッグワードというのは大きな網だったりすると思うんですよね。

例えば「看護師 転職」

余談ですが、私のサイトの「看護師 転職」の検索順位はだだ下がり中です。でも問題ないと思ってます。

これって広いしトップ10以内に入ったらかなり発生すると思うんですけど、うまくコンテンツを作らないと成約できないんですよね。

そもそも転職する理由って様々で、

「給料が低いから転職したい」

という人もいれば

「子供が出来て給料がさがってもいいからもっと時間に余裕のある転職がしたい」

という人もいると思います。

中には「若くてイケメンの医師と知り合いになりたい」という理由で転職したい人だっているでしょう。

問題なのは、果たしてそれらの人は「看護師 転職」で検索するのか? そしてそれらで検索されたサイトで満足するのか? という点だと思います。

特にイケメン医師と知り合いになりたい場合、何も転職する必要がなくて、結婚相談所の紹介をする方が成約率が高まるかも知れません。

そうなると、「イケメン医師と結婚したい」というキーワードで作った方が成約するかも知れません。

上記はかなり適当に書いていますが、キーワードが狭ければ狭い程アクセス数は狭くなる反面成約率は高くなると思います。

というかなりますね。

ペラサイトを作ってよかった点はこのあたりが分かったことです。

ルレアプラスのショートレンジの本当の意味は、このあたりにあるのかも知れませんね。

そして、これはやはりロングレンジでも同じなのだと思っています。

ショートと違うのは、ロングだとピンポイントに集めることも大きく集めることも出来ると言う点ですかね。

大網でアクセスを集める記事も必要なら、一本釣りでターゲットを引き寄せる記事も必要。

大網で集めて一本釣りで釣るということもあるいは可能かも知れません。

応用の幅は無限大。

看護師転職で美容液をアフィリエイトする方法を考え付いたのですが、そんなに色々できないぜ…

↑これで大体1000字くらいです。

継続するには1000字ぐらいがいいいですね!