徒然なるままに~会社はいとも簡単に社員を切り捨てる~アパレルのワールド、希望退職500人募集 社員の3割 サラリーマンはこの記事を読むべし

7129063403_2c977aa216_b

この数日間、割とガチで死にかけてました。

なので、作業はほとんどできず…

まぁ、それはされおき、「feedly」というのはかなり便利ですよね。

feedly

follow us in feedly


 

これに気に入ったブログを登録しておくと、更新情報などが自動で送られてくるのが便利。

これを使う前は、お気に入りに登録⇒今日も更新されてねぇ⇒今日も更新されてねぇ⇒あ、更新されてる

なんてやっていたものですが、数が増えてくるとどうにも。やはり情報というものの重要性を感じますね。

今まではそれほどでもなかったのですが、アフィリエイトを始めるようになって、登録しているブログが一気に増えたので重宝しています。

これからアフィリエイトを始める方や、まだ使っていない人がいたら、便利なのでお勧めですよ。

勿論無料ですし、アフィリエイトプログラムでもないのでご安心下さい笑

 

世知辛い世の中だぜ

気になったニュースがあったので、朝日新聞より引用します。

 

 アパレル大手のワールド(神戸市)は7月から希望退職者を募る。社員の約3割にあたる500人程度で、年間30億円規模の人件費削減につながるとみられる。5月には店舗やブランドの一部撤退を発表しており、大幅な人員削減も進めて低迷する業績の立て直しを急ぐ。

希望退職の対象は、40歳以上60歳未満の正社員と、定年退職後に再雇用されている60歳以上の契約社員。募集期間は7月6~24日で、退職日は9月末になる。退職金に特別加算金を上乗せし、希望者には再就職を支援するという。

ワールドの2015年3月期の純利益は日本基準で7億円と3年ぶりに黒字となったが、円安や衣料品の低価格化などで厳しい経営状況が続く。今年度中に、約90ブランドのうち10~15ブランドから撤退、約3千ある店舗は400~500店を閉める方針だ。

 

アパレルの仕事って、かなりの激務だと聞きます。

そんな中で何十年間も頑張ってきた社員を、会社はいとも簡単に切り捨てる訳なんですよね。

こういうのってキツイですよね。何十年間も頑張ってきたのに、役に立たないって言われるよりひどい、

「いない方がいい宣言」

いつも思うんですけどね、従業員を犠牲にしてまでその企業を存続させる必要あんのか?

そういう会社こそ、

ない方がいいと思うんですけどね?

会社っていうのは、社会の公器なんじゃないんですかね?

人をボロボロにするまで使い倒して、都合が悪くなったら切り捨てる。

それが結局会社の正体なんですよね。

皆それを知っていて会社に使い捨てられてる。

 

金持ちになるニートと貧乏になり続ける会社員

東大卒のアフィリエイターである速水鏡さんという方が、「ニートよりフリーターの方が問題が大きい理由」という記事を書いていましたが、本当にその通りなんですよね。

元ニートやら元パチプロやらがアフィリエイトの仕組みを利用して年収1000万を越していく中で、サラリーマンの年収は下がり続けています。

副業しようにも、普段の業務にもう一つ仕事が加わる訳ですからね。

アフィリエイトは副業の方が圧倒的に不利です。

当たり前ですけどね。

それでも会社員で居続けるのは、色々なことが怖いからなんですよね。

シャープ赤字2223億円 希望退職者3500人募集

 二極化するサラリーマン

格差社会が叫ばれて久しいですが、サラリーマンの格差も広がり続けていますね。

テレビ局やインフラなんかの規制産業のサラリーマンは天下りやらなんやらで己が身の安寧を図り、中小の経営は圧迫され続ける。

中小は常に大手より高い技術力を求められ、コストカットを強いられ、従業員は悲鳴を上げ続け、辞めようにも辞められない。

なんだか地獄みたいですけど、もう目をそむけることの出来ない現実です。

[ad#co-1]

 

 収入の一元化は危険

 

かつての日本社会では、会社に全てを依存するのが普通でした。

でも、現代社会ではそれは成り立たないと思います。

会社は平然とあなたを裏切ります。

シャープやワールドなんて、比較的大手でさえこのざまです。

そうでないほとんどの企業に勤めている人間にとって、会社に給料をゆだねるということは、もはや危険でしかないですよね?

じゃあどうするか?

それを各個人が考えなくてはならない時代になりました。

現状維持はすなわち後退

会社以外で収入を得られるかどうか

それが現代社会における一つのキーになりつつあるのを、誰もが感じていることでしょう。

時代はいつだって追いかけてきます。

逃げれば逃げるほど大きくなり、やがてあなたを飲みこむでしょう。

逃げずに立ち向かうことだけが、唯一の生き残りの方法なのだと、私は思います。