広告主が撤退した! アフィリエイトにおける最大のリスクと対策法

8608226699_54139a10c6_b

それは突然やってくるんだ。忍び足の音さえもたてずにな。

気づいた時にはもう遅いんだよ。

やつらはもう、そこにはいない…

クソったれがぁぁぁぁぁぁ

 先人達のブログを見ながら、他人事だと思っていた広告主の撤退。

いくつものプログラム終了を横目に、自分には関係のないことだと思い込んでいた。

しかしこれ、最大級に精神にダメージを負いますね。

全売上の40%前後を占める案件の撤退なんて…

今月だけで30件も成約してるんやで?

今日も成約しはったし。

真面目な話、このプログラムには思い入れがあるんですよね。

さかのぼること数か月前、まだミドルレンジで報酬が発生していない頃の話。

更新しても誰も見に来ないサイトを作り続けることに疲れ始めていて、「誰も俺のことなんて見てやしないんだ…」というアフィリエイト病にかかり始めた時に、たまたまASPを通して声をかけてくれた広告主がいたんですよね。

「あなたのサイトを拝見したところ、当社がこれから始めるサービスがマッチしていそうです。よかったら掲載してくださいまし」

みたいな感じで。

その時は、

「ああ、こんな俺でも誰か見ててくれるんだ」

と思いましたね。

それから先は、そのプログラムを全力で売りにかかりましたよ。

その甲斐もあって、成約もとれるようになり、そのサイト以外にもサイトを作りまして、そこからもまた成約が発生し…

このプログラムがなかったら、自分はルレアプラスを挫折していたかも知れない。

そんな広告主が、撤退を決めるなんて…

 商標キーワードの危険性

落ち込んでいてもしょうがないので、まじめに記事を書くとしますか。

さて、アフィリエイトにおけるキーワードの種類の一つに、「商標キーワード」というのがありますよね?

例えば「ルレアプラス実践」みたいなのです。

ルレアプラスではこれを使って展開していくわけですが、今回の件でわかるようにその商品が撤退したらもう終了なんですよね。

広告主は、いきなり撤退しますし。

そうなると、そのサイトはある意味終了になる訳です。

月何万と稼いでいたサイトがおじゃん!!

それに対抗するためには、

1 アドセンスを貼る

2 捨てる

3 そもそも商標キーワードでサイトを作らない

と言った策がありますかね?

アドセンスを貼ると、もろに規約に違反しそうで怖いですね。

二次被害になってしまうかも知れません。

捨てるのが現実的な方法でしょうね。

あれこれ考えている間に次のサイトを作ってしまうのが早い。

最大の対策としては、そもそも商標キーワードで作らないってことかも知れませんね。

お悩み系キーワードでもって集客をし、商品を提示するならば、1つのプログラムが終わっても別の代替品が使えますからね。

でも、問題なのは「お悩み系キーワード」が苦手なんですよねぇ…

でも、いい機会だから商標キーワード以外も試してみようかなぁと思います。

……今日はもう寝る。。