シリウスがアップロードできない時は? ~ホームページの簡単な作り方~

head_main

 

次世代型サイト作成ツール「sirius」を買ったはいいけれど、アップロードがうまくいかない(><)

という方も結構おられると思います。

なにせ私がそうだった……

 まずはドメインを取得しましょう!!

ホームページを実際に作成するのには「ドメイン」が必要になります。

ドメインとは、インタネット上の住所みたいなものですね。

このブログのドメインは「ルレアプラス.xyz」というドメインを実際に使用しています。

インターネット上には無数のサイトやブログが存在している為、それを識別するためには住所である「ドメイン」が必要なんですね。

で、このドメインは「ムームードメイン」や「お名前.com」と言ったサイトから購入することが出来ます。

AKB48のcmでご存じの方も多いと思いますね。

 そのまま取得することも可能なのですが、どうせなら「A8net」で「セルフバック」しましょう。

A8ネットというのは、ASPと言って、広告主とアフィリエイターをつなぐ役割を担う会社の1つで、「セルフバック」という機能が使えます。

セルフバックを使うと、購入代金の一部が返ってくるのでお得です。

A8ネットに登録すると、なんやかんやでこのようなページになります。

 

2015y06m18d_010158222

ここで、検索窓口に「ムームードメイン」と入力して検索すると、

2015y06m18d_010344834

 

このような画面が出ますので、「セルフバック」のボタンを押しましょう。

 

 

2015y06m18d_010459525

 

 

このような画面になりますので、再び「セルフバックを行う」を選ぶと、ムームードメインのホームページに飛びます。

 

 

2015y06m18d_010617260

 

ここで好きなドメイン名を入れて検索してもいいのですし、右上のログインをして「新規登録」をしてしまってもよいでしょう。

先にサーバーと契約するのもありですね。順番はどれが最初でも大丈夫です。

ドメイン名は好きな文字を入れましょう。

日本語ドメインを使用したい場合は、こちらのサイトで「Punycode」を変換する必要があります。

好きな日本語を入れて、変換を押せばコードがでるので、それをコピーして上記の空欄に貼りましょう。

ためしにルレアプラスを変換すると「xn--cck3bve4chg」となります。よくわからない文字列ですが、このサイトがそうであるように、ちゃんと日本語表示されるのでご安心下さい。

これを上の空欄にいれて検索すれば、取得可能かどうか判断してくれます。

中古ドメインを使うという方法もありますので、そちらはこの記事をお読みいただければと思います。

次に取得可能だった場合、ドメイン設定のページに入ります。

ここでは、登録者番号などを入力するのですが、登録は「弊社の代理を~」をクリックしておきましょう。私は間違えて自分の情報を公開してしまったことがあります。ネームサーバーに関しては、「今はまだ設定しない」にしておきましょう。

お支払方法に関しては、「クレジットカード」「銀行振り込み」などから選べますが、「おさいぽ」が便利ですね。

おさいぽに関しては、あらかじめポイントを購入することで使用できるのですが、「オートチャージ」といって、更新の際ポイントが足りなくても、自動で引き落としをしてくれるサービスを使えることが出来る為、うっかり更新し忘れたということが無くなるため便利です。

無事に取得できたら、次はレンタルサーバーの申し込みをしましょう!

 

 レンタルサーバー

ドメインを住所とするならばサーバーは家と言った感じでしょうか?

作ったサイトをインターネット上で公開するためには、サーバーを借りてそこにアップロードをする必要があります。

サーバーにもいろいろな種類がありますが、個人的には「Xサーバー」か「ロリポップ」をお勧めします。

どちらもA8でセルフバックできるのでそちらを利用しましょう。

ムームードメインを使う場合、同じGMOペバボがサービスを提供している「ロリポップ」がいいと思います。

ロリポップには何種類かのプランがありますが、「チカッパプラン」が様々な面でよいと言えるでしょう。

ちなみに私は「チカッパプラン」と「ビジネスプラン」の両方を使用しています。それとXサーバーおよびミニバードも使用しています。全てセルフバック可能です。

ロリポップと契約したら、セットアップ画面に行き、ロリポップで~という所を設定しましょう。

次にロリポップにログインし、「独自ドメイン」と書いてある箇所をクリックします。

そうすると、独自ドメインを設定するというボタンがあるので、クリックすると

 

2015y06m18d_013612435

 

このような画面になるので、先ほど取得したドメインをここに入力しましょう。

下の公開フォルダの所には何をいれてもよいのですが、ドメイン名をそのまま入れるのがよいですね。

その際「/」を最後につけましょう。←わりと重要です。

これで、ドメインとサーバーの設定は完了です。

 初めてサーバーを契約した場合、反映されるのに時間がかかります。私も最初は全然反映されなかった為、何かおかしいんじゃないかと思って調べまくりましたが、そもそも2~3日は設定が反映されないのでパニックにならずに待ちましょう。

 シリウスでページを作る(ロリポップ)

 

シリウスで「新規作成」のボタンを押すと、このような画面が出てきます。

 

2015y06m18d_014620865

 サイトurlの所に先ほど取得したhttp:~/の部分を入力したら、実際にホームページを作ってみましょう!
 後は実際に記事を書き、右上にある「サイト生成」をしましょう。新しく作ればOKですね。
 その後は、「サイトの作成が完了しましたアップロードしますか」という文言が出るので、はいを選ぶと、FTP接続先一覧というページが出てくるので、新規設定をおしましょう。するとこのような画面がでます。
 2015y06m18d_015246131
 接続先の名前は適当で大丈夫なので、わかるように名前をつけておきましょう。
 問題はホスト名ですね。
 これは、「ロリポップ」側のアカウント情報で見ることができます。
 2015y06m18d_015541227
 アカウント情報をクリックして「ftpサーバー」と書かれている箇所が、シリウス側の「ホスト名」になります。
 「FTP・WebDAVアカウント」と書かれている箇所が、シリウス側の「ユーザー名」になります。
 「FTP・WebDAVパスワード」を設定して、シリウス側の「パスワード」にも入力してください。
 「初期フォルダ名」は空欄で大丈夫です。
 サーバー側の情報をコピーして、シリウスの側にそのまま張り付けるのがよいでしょう。
 設定が終わり、接続すると以下のような画面が出てきます。
 2015y06m18d_015103761
 ここで、「アップ先自動判別」を押せばシリウスの側でアップロード先を判別してくれるので、そのまま指示に従ってアップロードしましょう。
 「自動判別に失敗しました」というようなメッセージが出てきた場合は、先述したようにサーバー側の反映がされていない状態なので、1日ほど待ってみましょう。2~3日かかる場合もありますが、それでも失敗する場合はもう一度ロリポップ側の情報とシリウスに記載した情報に相違がないか確認しましょう。
 アップロードして一定時間はサイトの状態が反映されないので、気長に待ってみましょう!

 Xサーバー編

 

使いやすさナンバー1の呼び声の高いXサーバーでの設定もほとんどロリポップと同じです。

Xサーバーもロリポップ同様セルフバックが行えるので、上記手順と同様にセルフバックを行いましょう。

Xサーバーとロリポップの違いは、ドメイン設定時(ムームードメイン)にXサーバーのネームサーバーを入力する必要がある点です。

Xサーバーと契約すると、こんな感じのネームサーバーがメールで届くと思います。

ネームサーバー1: ns1.xserver.jp ( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2: ns2.xserver.jp ( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3: ns3.xserver.jp ( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4: ns4.xserver.jp ( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5: ns5.xserver.jp ( 210.188.201.247 )

この青くなっている部分を「ネームサーバ設定変更」の所にコピペしましょう。

 

20141003008

 

こうしておくとXサーバー側にドメインが反映されるようになります。

次にXサーバー側に移動して、「サーバーパネル」からログインをし、更に「ドメイン設定」のボタンを押しましょう。

すると「ドメインの追加設定」という項目があるので、ここを再びクリック。

取得したドメインを入れて、ドメインを追加すれば準備は完了です。

2015y06m18d_022401343 後はロリポップの時と同じようにシリウスでサイトを作ります。

先ほど同様このような画面になりましたら、

2015y06m18d_015246131

xサーバーパネル左サイドバーにある「FTPアカウント」をクリックしましょう。

 

2015y06m18d_022857036

こちらは分かりやすく、FTPサーバー(ホスト)名がシリウス側のホスト名

ユーザー名(アカウント名)がシリウス側のユーザー名

パスワードはXサーバーログイン時のサーバーでOKです。

後は、ロリポップの時と同様の手続きで大丈夫です。

最初はこのような画面がでますが、

1img

何日か待てば作ったサイトがインターネット上に反映されます。

それでも反映されない場合は、FTPアカウントが間違っていないかなどをもう一度お試しください。

2件のコメント

  • オリオ

    1回目はアップロードでき、反映されましたが
    2回目、記事設定だけして中身書いてなかった記事に中身を書いて保存、アップロードをしても反映されないのはどういうわけですか。・
    もう意味が分からなさ過ぎて投げ出したくなりました。
    もうこんなうまくいかないことばかりでしんどいだけなのもういや。
    なんでこうなるのか教えてください
    意味が分からなさすぎです

    キャッシュを更新しても一緒
    1記事ずつクイック更新しても一緒
    ノットファウンドになる始末

    もうなんなのこれ
    いらいらいらいらするんですけど
    なんなんですかこれは
    お願いですから教えてください

    • keller

      オリオさん

      まずは落ち着きましょう。

      シリウスについてはシリウスサポートチームに尋ねるのが良いと思いますよ。

      私も利用したことがありますが、丁寧にサポートしていただきました。