せっかくだから俺は、簡単な自己紹介をするぜ!!

statistics-icon

こんにちは皆さん!!

この度は当サイトにお越しいただきありがとうございます。

自己紹介というのも慣れないもので、一体どこから話したらよいものか。

自伝的に生まれた時からさかのぼるのも話が長くなりそうなので、28才の時初めて就職したあたりから始めるのがいいですかね。

まぁ、28まで何をしていたんだって話ですよね(^^:)

所謂「夢追いの馬鹿」って奴ですね。

世の中にはゴマンといるような奴です。

大学を卒業して、就職して、自分がサラリーマンになっているような姿が、どうしても思い描けなかったんですね。

あ、一応大学3年生から4年生の時には真面目に就職活動していた時期ありましたよ。

超大手と言われる会社の最終面接まで進んだ所で一気に気持ちの糸が切れてしまいましたけどね。

その会社の平均年収は1000万をこえるらしいことが書いてあったので、それに惹かれて受けました。

それだけですね。

「将来何の仕事がしたいんだ? 君は?」

なんて言われて、答えられる方がおかしいですよね。

結局皆「社会的地位」とか「給料」とか、そういうのが欲しいだけだと思いますよ。

自分もそうでしたから。

でも、そこから一抜けしたいなぁなんて思ったあたりから、人生は大きく転落していきますね。

就職もせず、大学卒業後は絵に描いたような貧乏暮しです。

月の収入は8万とか。

家賃払ったら後はもう何もできない生活。

そんな生活でも、人間って生きていけるんですよね。

「人間はあらゆる喪失に耐えられるが、意味の喪失には耐えられない」

当時はなんだかんだ希望に燃えてた頃ですね。

でも、貧すれば鈍する。

かつての友人たちが結婚し、子供が出来、出世し、何か確固たるものを築いていく中で、自分だけは何も掴めていない。

ここら辺の話は長くなりそうなので省きますけど、色々とあって28才で新入社員として初めて就職します。

22歳の新卒のお兄ちゃんやお姉ちゃんに交じって。

もう、ほとんど残っていませんけどね。

今いる会社がブラックなのかどうかは分かりません。

パワハラもモラハラもセクハラもないですし。

でも、離職率はワタミやユニクロよりも高いです。

3年以内で大卒の平均離職率は3割ほど。

昔は随分高いなぁと思っていましたけど、うちの会社は1年で5割辞めます。

去年入ってきた新人はもう半分辞めました。

私も来年の四月には辞める予定です。

辞めて独立しようと思っています。

まぁ、そのあたりの話は別記事で詳しく書きますね。

 色々あって社内売り上げナンバー1を目指すことにした。

 

その辺りの事情も割愛しますが、なんやかんやあって社内で売り上げナンバー1を目指すことにしました。

うちの会社は、毎月売り上げが出て、全社員に売り上げ表が手渡されます。

かなり必死こいて働きましたね。

休日出勤上等!!

24時間働けますか? 状態です。

おかげで、入社10か月目で初めて社内で売り上げナンバー1になることが出来ました。

別に祝福も何もなかったです。

期待していた訳ではなかったのですが、やはりとても虚しかったのを今でもよく覚えています。

一度一位を取ったら、それ以後も一位をとり続けなければならない。

 

それから先は大変でした。

限界を超えて働きました。

一年間で休みは10日ぐらいだったと思います。

10日も休めるならいいじゃんと思う人がいたら病気だと思います。

当たり前の如く、過労で倒れました。

内臓関係がボロボロになっていました。

その後はあまり仕事も出来ず、気が付けば年収は300万を下回る始末。

この先、この会社にいても未来はない。

そうは思っても、次の一手が打てなかったんですよね。

転職したらもっとひどいことになるかも知れない。

自分はかつてかなりの貧乏生活をしていました。

年収にしたら100万前後。

そういう生活、したことがありますか?

夜不安で過呼吸寸前まで言った日のことは今でも覚えています。

サラリーマンでいる限り、最低限の生活は保障されている。

あの日々に戻るのはもう嫌だ。

でも、もう続けられない。

心身共に疲れ果ててしまいました。

そんな折、大学時代の友人の結婚式に参加しました。

職場結婚だそうです。

とてもいい職場そうでした。

旅行にも沢山行っていました。

年収は500万をこえているそうです。

大学の同級生なんて、大体そんなものです。

自分だけがひたすら惨めです。

こうやって一生惨めたらしく生きて、そして死んでいくんだろうか?

そう思ったら、悲しいよりも何よりも、段々腹が立ってきました。

自分はまだ死んでいない。

「人間は、死なない限り成長できる生き物だ」

ニーチェの言葉です。

このブログは、ボロボロなアラサー男が再起をかけてルレアプラスを実践するブログです。

追い詰められたリーマンにこの先どんな未来が待っているのか?

その目にとんと焼き付けな!!

次の記事に進む