【閲覧注意】アフィリエイト開始2年目2017年1月の成果【今kellerが思っていること】

アフィリエイトを開始してから丸2年が経過しました。

ある種1つの区切りだと思いますので、今回は長々と今思っていることを書いていこうかと思っています。

約40日間以上も寝込み、今も食欲がない

この記事を書き始めたのが2017年1月31日の17:02のことで、今日はまだ何も食べていません。多分、この記事を書き終えるのに何日かかかると思うので、成果がわかる前からフライングで記事を書いてます。

昨日は豆乳粥を一杯食べただけ、おとといはおぼろ豆腐と米を食べただけです。

これでも1月前半よりは体調が大幅に回復しており、なんとかこうして文章を書けるぐらいには回復しています。

正直12月半ばから1月後半ぐらいまでの記憶はほぼなく、前回の記事なんかは何を書いたか覚えていませんし、怖くて見ることはできません。

精神的に相当ヤバイ状態で書いたので、閲覧してくださった方のご気分を害したものと思われます。

現在気道がこんな状態になっており、常に呼吸が苦しいです。

remodeling-01

残念ながら正常に戻すことは現在の医学では難しく、これ以上の進行を食い止めるのが精一杯なんだそうです。

そのために3種類の飲み薬と1種類の貼り薬、1種類の吸入薬を毎日使う必要があり、元々の病気と合わせて一日6種類の薬が必要になっています。

書いていても気がめいりそうなのですが、この状態はもうどうしようもありません。

昨日も医者に行ってきて「少しずつよくなってはいますよ」と言われましたが、本当だろうか?と思っているぐらいです。

でも、ちょっとずつよくなっている実感はかすかにあるので、なんとか頑張ってみようと思います。

 

誰しも他者が必要だ

普段、あまり人と話をしたくないと思っている自分ですが、昨日は病院の医師や看護師さん、薬局の薬剤師さんたちにものすごい勢いで話しかけている自分がいました。

病気だというのもあると思うのですが、今自分は強烈に他者を欲しているのだと思います。

人は暗闇の中で放置されたら70時間ほどで発狂するそうです。

昔、ベトナム戦争の時、ベトナム軍に捕らえられた米軍捕虜が独房に閉じ込められ次々に発狂していってしまったことがあったそうです。

その中でも発狂せずに自我を保てた例が2例あったそうです。

1つは心にゆらぐことにない復讐心を抱いていた者

もう1つは他者に愛情を注いだ者

結構有名な話なので、聞いたことがある方も多いと思いますが、後者における「他者」というのはネズミのことだったそうです。

ある捕虜は、独房内にいたネズミに食料を分け与えたことで自我を保てたという話です。

他者に愛情を注ぐことが如何に重要かという例として有名ですね。

いずれにしても、人間が生きていく上で他の誰かの存在ってすごく重要なんだと思います。

その相手に憎しみを感じようが、愛情を注いでいようが。

昔、以前勤めていた会社の社長がどうしてもお前に伝えたいことがあると言って一緒に飲んだことがありました。

「自分の中には自分なんていないんだ。きっと他人の中にいる自分が本当の自分なんだよ」

当時の私には彼の言ったことの意味がまるで分かりませんでした。

「今のお前にはわからないだろう。でも、いつかわかる時がくる」

今ならなんとなく、彼の言ったことがわかるような気がします。

 

このブログのドメイン更新をしないことにしました

このブログは、私が初めてワードプレスを使って書いたブログで、開設からもうすぐ2年の月日が経とうとしています。

その間にはいろいろなことがありました。

このブログには当初それほどの目的もなく、ただ日々の澱を吐き出すだけの、自分の負の部分だけを置き去りにしていくような、たとえるなら王様の耳はロバの耳に出てくる穴のようなものです。

次第に読んでくれる人も多くなり、励ましのコメントも数多くいただけるようになったのですが、それに比例してネガティブなコメントも多くいただくようになりました。

「お前ごときの売り上げでアフィリエイトを語るんじゃない」「結局情報商材売りたいだけなんでしょ?」などなど。もっと傷口をえぐるような罵詈雑言を浴びせられることもありました。

ある意味ではすべて仰る通りだと思います。そして、このブログはどこまで行っても情報商材を売りたいブログにしか見えないんだよなぁというのもよく分かりました。

確かにそうなんですよね。このブログから各商材を購入していただいた方は何人もいらっしゃいますし、それで利益を得ていたのも事実です。

他の情報商材のことは私にはわかりませんが、ルレアはとても良い教材だと思っています。

ただ、2017年にもルレアが通じるかというと正直疑問符がつくのも確かです。

ルレアが作られたのが2012年。

Webの世界の変化は激しく、例えば2016年前半の常識と2016年後半の常識は大きく異なります。

2017年が始まってまだ1月ですが、その変化の度合いは凄まじいですよね。

月に1000万円は稼いでいたと思われるサイトが次々に検索の彼方に葬られているのが現状です。

だからと言って旧来の方法が通じなくなるわけではないと思いますけど、どうだろうなとも思います。

それとは別に、自分の中でこのブログの存在意義が見いだせなくなっているのも確かなんです。

初めは読む人のことなんて考えないぜぇと思って好き勝手書いていたんですけど、最近は色々なことが書きづらくなってきてしまって、月1の更新さえしたくないぐらいの状況になってきました。

これはアフィリエイトの実践ブログをやり始めた人が共通して持っている感覚というか悩みなんじゃないかと思います。

ずっと続いている実践ブログってほとんどないんですよね。

2年以上続いている、という縛りで見たら両手で足りるぐらいしかないんじゃないでしょうか?

ただ、アフィリエイトの実践ブログを完全に辞めるかどうかというのは悩んでいて、はてなブログで完全に一切広告なしでアフィリエイト初心者向けのブログを作ろうかなっていうのは今考えています。

新しいブログを開設しようかどうか迷い中

中国に、とても長い箸に関する昔話があります。

舞台は確か刑務所だったと思います。みんなが中の悪い刑務所。

受刑者にとても長い箸を渡して、それを使ってごはんを食べるように看守が言います。

でも、箸が長すぎてごはんを食べることはできません。

みんなごはんを食べたいのに食べられない状態です。

どうやったら食べられるのだろう?

みんな四苦八苦するけれど全然ごはんが食べられません。床にどんどん落ちていってしまいます。

そんな中、ごはんを食べるのに成功する者が現れます。

一体どうやったのか皆さんはお分かりになるでしょうか?

答えはとてもシンプルで、その箸を使って人に食べさせれば良いのでした。

お互いが協力しあって食べさせ合えばとても楽にごはんが食べられるのです。

まぁ、昔話なんで突っ込みどころはたくさんあるんですけど、要は自分だけ得しようとすると結局不幸せになるってことなんですよね。

アフィリエイトはどこまで行っても椅子取りゲームだし、特定のキーワードを奪取するゼロサムゲームだと思いますし、その考えは変わりません。

参入者なんか増えない方がいいし、増えてもすぐに退場してくれた方がいい。

それは間違いないんですけど、世の中には大変な目に遭っている人、たくさんいるんですよね。

今回病気でひどいことになって、色々考えていました。

テレビや映画を見るような気力もなくて、何もできないような状態の中で、何かを考えるってことしかできなくて、悔しくて、不安で、どうしようもなくて…

今、どうしようもなくなっている人って多いと思います。

特に経済面でいうと、何年働いても昇給しない人も多いでしょうし、病気で思うように働けない人も多いでしょう。

あと月に2万円あれば楽になるって人も多いと思います。

そういった人がアフィリエイトに参加すると、高額な塾だったりバックエンドの用意してあるセミナーだったり高額な情報商材だったりを購入してしまって、かえって貧しくなるケースが多いんですよね。

アフィリエイトで一番儲かるのはアフィリエイトをしたい初心者向けにアフィリエイトをすることだって言葉があるくらい。

最近ではノウハウのしっかりしたブログなんかも増えてきましたし、そういった例は年々減っていると思うんですけど、それでもやっぱりそういうのにひっかっかってしまう人って多いんですよね。

それに、そういうノウハウは月100万とか200万とか稼ぐ人のノウハウであることが多く、ワードプレスって何?独自ドメインって何?サーバーって何?っていうかつての私みたいな人には以外に敷居が高いという面もあると思います。

だから、そういう人向けのブログを書いて、このブログの続きはそっちに移行しようかなってのも考えています。

やるかどうかはまだ未定なんですけどね。

 

比較するなというのは人である限り無理なんだと思う

現在2017年1月31日 20:40 何度も休みながらこの記事を書いています。食欲がなく、今日はまだ何も食べていません。

昨日読んだ少年ジャンプに「阿佐ヶ谷高校芸術学部へようこそ」という読み切りがのっていて、「どうせ私と似た感性の者には必ず届く」というセリフがありました。

後2か月で無くなるブログですが、この記事はそう思って書いています。誰か1人に届いたら成功です。

誰かと比較しなければ幸福になれるんじゃないかって思うことがあります。

誰もが一度はそう考えたことがあるんじゃないでしょうか?

ビートたけしが「人間は隣の奴より少しだけいいものが喰いたい生物」と人間を評しているのを聞いてその通りだと思いました。

アフィリエイトの実践ブログが続かないのはそういう所がありますよね。

アフィリエイトの世界にはどの世界でもそうであるように、天才的な人間というのが確かにいます。

初めて半年で月100万円突破、1年で300万円突破!

そういった人たちを見ていると、自分ってなんて才能ないんだろうって思います。自分のやり方が間違っているんじゃないかな?成果出ないな、もうやだな。

人は人、自分のやれることをやるべきっていうのは完全な正論だし、そうあるべきだと思います。

でも、やっぱり無理なんですよね。

人ってどうしても誰かと自分を比べてしまうものなんだと思います。

同期は出世したのに自分はまだ平社員だ

同級生は結婚したのに自分だけ30過ぎてもまだ結婚できていない

となりの〇〇さん家の〇〇ちゃんはテストで100点とったのにうちの子は…

そういうのって普通だし、自然なことだと思います。

私の大学時代の友人は、ほとんどが公務員か大企業に就職しています。結婚して子供がいて、車があって、家に帰れば誰かが待っている。

そんな当たり前の生活をしています。

大きな病気をしている人間はいませんし、順調に出世をしています。

勿論みんなそれぞれ悩みがあります。

子供がいる友人は自由な時間がないと嘆いていますし、弟が働かないでずっと家にいると悩んでいる友人もいます。

どうせ二か月後には消えてしまうので書きますが、私の父親は東京大学を卒業していて、wikipediaにも独自のページがあるような人間です。

残念ながら私は昔から出来がよくありませんでした。

他人と同じレベルになるのに他の人の2倍の量をなんでもする必要がありました。

父は努力とは無縁の人です。

生まれつきなんでもできる人間というのは存在しているのです。

運動もできるしギターも弾けるし性格も明るいので周りの人間からは好かれる人間です。

アフィリエイトの世界では、さっきも言ったように1年ぐらいで月100万円稼げる人間もいます。

じゃあ、私はどんな人間なんでしょう?

確定申告の準備をしていて、9割がたの項目を入力し終えました。

去年は収入が400数十万で、経費が200数十万なので、所得は200万円ぐらいになると思います。

30代独身のアフィリエイター 年収は200万円

夢も希望もないこの1行で私の全ては語られます。

比較するなというのは無理な話ですよね。

 

弱い自分を越えていけ!

ギリシャ神話には、こんな話があります。

まだ世の中に男性しかいなかった頃、神は女性を1人地上に遣わしました 名をパンドラと言います。

神はパンドラを遣わす際、1つのツボを持たせました。

「いいかいパンドラ、このツボは絶対に開けちゃいけないよ」

パンドラが来てから地上は潤いました。

男たちはパンドラのために頑張り、パンドラは男たちを癒しました。

しかし月日は経ち、パンドラはこの生活に飽きてしまいました。

満ち足りない気持ちになったパンドラの目に、神に渡されたツボが目に入りました。

「絶対に開けてはいけないよ」

その言葉は大きく、パンドラは絶対にツボを開けませんでした。

それでも中は気になります。

パンドラはついにツボを開けてしまいました。

すると中からは黒い煙が立ち上り、妬み、嫉み、欠乏、悲嘆、厄災、憎しみ、暴力、狂気、あらゆる悪徳が世に解き放たれ、男たちはお互い争うようになりました。

パンドラは自らの行いを悔い、自ら命を絶とうとしました。

「待ってパンドラ」

声がする方をみるとツボの中から光が漏れています。

「あなたは誰?」

パンドラがツボをのぞき込みながら言うと、光は答えました。

「私は希望よ」

 

去年、2016年は散々な年でした。

結局1年の半分はベッドの上で寝ていたと思います。

渾身の力で作ったサイトは次々と撃沈していき、年の最後には厄介な病気が顔を出しました。

今もその苦しみの渦中にいて、この文章を書いている22:11現在今日はまだ何も食べていません。

何度も何か食べようとするのですが、食べ物を見るだけで気持ちが悪くなってしまいます。

薬の副作用かも知れないので、1つ薬をやめました。

治らないのかも知れません。

去年は散々な年でしたが、1つだけいいことがありました。

それは、治らないと思われていた病気が治ったことです。

もう1つの病気も、今は完全にコントロールできている状態にあります。

完璧な文章なんてない。完璧な絶望がないようにね。

気管支の問題さえクリアすればきっとまた戦える。

世の中にいるのは成功者ばかりではない。

今、うまくいっていない人。今、とても孤独な人。

それはきっと、あなただけじゃない。

あなたはきっと1人じゃない。

 

楽しかったことでも思い出そう

寝たきりで気が滅入っていたので、寝ている間はできるだけ楽しいことを考えるようにしていた。

自分にとって楽しい思い出は大学以前に集約される。

大学を卒業してからも、楽しい思い出がない訳ではなかったが、悲しいことにそれらすべては悲しい事実に上書き保存されてしまっている。

結局の所何か大きなイベントじゃなくて、とても小さなことが楽しかった思い出として心の中に残っていた。

例えば大学の授業が終わった後にカラオケ行ったこととか、友達の家に遊びに行ってなぜかUNOをやったこととか、代々木公園で女の子とデートをしている時に大雨が降ってきたこととか、バイト先に役者見習いがいてみんなで舞台を見に行ったとか、まぁそんなくだらない思い出だ。

中でも何故かNという友人のことを最近はよく思い出す。

Nは2歳年上の男で、世の人間が思い浮かべるKOボーイをそのまま体現したような人間だった。

彼はとにかく女の子にモテた。

モテたというよりも声をかける回数が半端なかったのだと思う。

世の中の成功は須く膨大な試行回数によってもたらされるのだろう。

彼の一連の行動はよくいじられていた。

或る時彼が会社説明会で出会ったかわいい女の子の話をしていた。

「あの娘かわいかったなぁ」

Nはよく出会ったかわいい女の子の話をしていた。

Nにはたくさんの家がある。

出会った女の子の数だけ彼には家がある。

説明会の後、Nは帰りの電車でその子に声をかけた。

「さっき〇〇の説明会にいましたよね?」

Nの凄い所は関東近郊の駅の特徴を押さえていて、大体どの駅で降りる人間にも話を合わせられるところだ。

帰りの電車という逃げ場のない場所で声をかけるのもすごいし、必ず女の子が降りる駅の三つ先ぐらいの駅で降りる(ことにする)のもすごい。

ちなみに彼は当時日吉に住んでいたので千葉や埼玉だと帰りに2時間以上を要することがある。

よくその部分をいじられていた。

そしてNはそうやって知り合った女の子を「実はKeller君に紹介するために声をかけたんだよ」などと言ってごまかしていた。

ごまかしていただけでなく、ある日本当に紹介してくれることになった。

紹介してくれる場合、普通3人とかで食事をするだろう?

当日Nは来なかった。電話したら「うまくやれよ」とだけ言っていた。いや、俺その子の電話番号知らんのだが…

なんやかんやでその子に遭ってびっくりした。Nはかわいいとか言っていたが、そんなレベルじゃなかった。雑誌から切り抜いたんですか? という感じの女の子が目の前に立っていた。普段こういう娘は一体どこに隠れているんだ?

その娘との飲み会は以外に盛り上がった。高校が近かったし、大学も隣の駅だった。私は心の中でイヤァーヨッシャアアア!!!と盛り上がっていた。神とNに感謝さえした。

「今度結婚するんだ」

は? よく聞こえなかったけど、何だって?

聞けば付き合っている男がいて、今度結婚するんだそうだ。

「でも学生でしょ?」

聞けば彼は財閥系企業に内定が決まっていて、〇〇という競技の日本チャンピオンになったその瞬間に公開プロポーズをしてくれたそうだ。

それって何のドラマ?

戦わずして負ける。それが奥義だ…

後日もちろんNに文句を言った。

「おい、なんじゃありゃあああああ!!!!!!!!!」

Nは余裕を湛えた笑みでこう言った。

「いいじゃん。ここでこうやって話をすることができて」

所ジョージか!!

Nはいつもそんな感じだった。Nに紹介された女の子は例外なく魅力的だったが、例外なく彼氏がいた。

世の中の大体の女性には彼氏がいる。

或る時大学の友達と電車に乗っていた。

すると遠くの方で若い女性がうずくまっているのが見えた。

「おい、あの人大丈夫か?」

「ん?大丈夫じゃね?」

嫌々ダメだろう。近くに行くと案の定ダメそうだった。都会の無関心とはよく言ったもので、誰もこの女性に声をかけないのが少し恐ろしかったが、とにかく次の駅で彼女を駅員室まで運んだ。彼女はなぜかしきりに謝っていたが、少し落ち着いて電話でお姉さんを呼んでいた。その女性は良く見るとキレイな女性だったが、迎えに来たお姉さんはカビゴンみたいだった。

それはともかく、我々はその場を立ち去ることにした。すると駅員が連絡先を教えてくれと言ってきて、嫌だと断ったのだがダメだ、教えてくれとしつこいので電話番号だけを残してきた。

後日知らない電話番号からの着信があったので、普段なら出ないところだがその件があったので出てみた。件の女性からで、今度お礼に食事をごちそうしたいということだった。

その電話を受けたのがちょうどバイト先の飲み会か何かで、事情を話したら大盛り上がりになった。

「それはいける、いけるぞおおお!!」と何故か盛り上がっている奴がいた。

そう言われれば、これってなんか素敵な出会いやん!と私もなんだか盛り上がってきた。

当日、なんだかとってもドキドキしていた。なんかもう、すごくドキドキしていた。

そしてその期待は2分後に打ち砕かれることになった。

食事は3人で行った。

え?カビゴンがいたのかって?

カビゴンはいない。代わりに好青年がいた。

好青年は私に感謝し通しだった。

聞けば彼女は危ない所だったらしい。

あなたは命の恩人だと好青年は熱弁していた。

「今度、私たち結婚するんです」

…あぁ、またこのパターンか…

私は未だに独身です。同い年までは大歓迎です。

*注意:kellerさんに女性を紹介するときは彼氏のいない女性を紹介してあげよう切実

 

2017年1月の成果報酬

ばかばかしいことを書いていたら、少し体調が楽になりました。

笑いの要素はやっぱり必要ですね。

それでは、前置きが長くなりすぎましたが1月の成果報酬を見てみましょう。

発生:50万を少し超えたぐらい

確定:40万に少し届かないぐらい

かなり久しぶりに発生50万円、確定30万円の壁を破れました。

承認が遅れているものも多いので確定は最終的に40万円は超えてくれると思います。

最後に発生が50万円を越えたのいつだっけと思って見た所2016年4月の成果なので、実質会社を辞めた月のことなんですよね。

そして、最後に確定報酬が30万円を越えたのがいつか見てみたらこれまた2016年4月のことでした。

それから約9か月間報酬は下がり続けていたんですね。

アフィリエイターあるあると言えばそうかも知れませんが、収入が落ち続けるというのはなかなかきついものがありましたね。

特に2016年9月の確定報酬10万円というのはかなり効きました。

その次の10月は人生でも指折りで数えられるレベルでひどい月で、前半戦に今なお続く喘息の発作が起こる、中盤にグーグルペナルティを食らい、後半にパソコンを壊してしまうというひどい月でした。

収入が激減した後のコンボがきつくて心療内科にまで行きましたからね。

ちなみにペナルティを受けたサイトはまだペナルティをうけたままです。なんど再審査リクエストをしても許されることはありません。

もう戻ってこないだろうなと思っています。

悪いことをしたのは確かなので仕方がないのですが、やはり精神的にはかなり効きましたね。

2015年の12月から2016年の7月ぐらいまでは看護師サイトに注力していて、記事代だけで150万、中古ドメインを数十万円分買っていたので見事に大赤字です。

金銭面だけで見ると人生最大の失敗にも見えますが、個人的にはこんなの失敗に入らないでしょ?と思っています。

金銭の消失なんて失敗のうちには入らないですよね。失敗ってもっと大切な何かを失うんですよ。

それはさておき、2015年7月から2015年12月まで注力していた格安スマホのサイトも死んでしまって、今月で見てもこの2つのサイトからの収入はほぼ0です。

「ほぼ」というのはアドセンスの収入はあるかも知れないという程度です。ASP経由での発生は1円もありません。

中古ドメインはオワコン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

中古ドメインさえ使っていなければ今頃後10~20万円、それ以上は報酬が多かったんじゃないかなって思いますけど、「れば」の話は無意味ですね。

今それらのサイトからの収入がないのがお前なんだって話です。

ついでにもう1つのサイトもパーマリンクを一回変えたせいでオワコン化してしまい、ある意味絶体絶命に近い状態だったんですよね。

あ、少し話はずれますが、「https化」要はSSL化するとどうなるかという話を少しします。

Xサーバーを利用すると「https化」できるんですよね。

で、実際対応すると順位はどうなるんだろう? と思う方も結構いらっしゃると思います。

先日あるサイトをSSL対応した結果が以下の通りです。

2017y01m31d_235232730

まじめに心臓が止まるかと思いました。いきなり順位が下がった挙句突然圏外になり、1週間後ぐらいに戻りました。戻った後は以前よりもちょっとだけ順位が上がったみたいです。

このキーワードはいわゆるミドルワードと言われるもので、1位が取れたら数十万はいけるという噂なので順位よあがれーー!!!と念じています。。

それはさておき、2016年に作成したサイトがようやく収益化し始めました。

ここまで本当に長かった…

2016年5月から作成をスタートし、9月に初発生、昨年12月の発生件数は6件でしたが、1月は40件を超す発生がありました。2月の目標は100件ですね。

今回はジャンルは伏せますが、看護師転職と同じか、あるいはそれ以上に競争の激しいジャンルでの戦いを挑みました。

中古ドメインを張りまくろうかと思ったこともあったのですが、今回はそうしなくてよかったと心の底から思いました。

1月に急激に発生件数が増えたのは、周りのサイトが綺麗さっぱり消えたからです。

1月に起こった変動は去年1年間に起こった変動よりも遥かに大きかったと思います。

月1000万円レベルのサイトがいくつも飛んだのではないでしょうか。

あるキーワードでいきなり10位近く上がったのには驚きました。

2017y02m01d_000532319

前後合わせて30サイトぐらいが吹き飛んでいましたね。

もっとも、去年の段階からのこのジャンル、このクエリは目視による手動ペナルティが入るんじゃないかと思っていたので、読みが当たりました。

急速に順位が上がってからいろいろなASPの方やSEO会社から連絡が来るようになりました。やっぱり検索順位で見ているんやね。

それはどうでもいいのですが、1月の後半から特別単価が決まり、メイン案件の報酬が一気に3倍近くまで引き上げられたのは良かったですね。

今回はある意味原点回帰ということで、看護師転職サイトとは真逆の作り方をしました。

看護師転職サイトは兎に角失敗だったと思います。

どんな点に失敗したかというと、

① 記事はほとんど外注

② 成約からほど遠いキーワードで集客を行った

③ 下手な鉄砲数打ちゃ当たる理論で作った

④ 我慢しきれなくなって中古ドメインでリンクを当てた

⑤ 承認率の低い案件を扱った

と言ったあたりでしょうか。

全てが全て失敗だった訳ではないですが、今回作成したサイトは真逆の作り方をしました。

① 記事はサービスの口コミ以外すべて自作

② 成約に直結するキーワードだけを狙う

③ 成約に直結する記事だけを作成する

④ 中古ドメインは使わない

⑤ 承認率の高い案件だけを扱う

 

結果として、看護師転職サイトよりも遥かに少ないアクセスでより高い成果を出すことができました。

看護師転職サイトのPV(全盛期)と発生金額:約40000PV弱:50000円(承認率平均40%弱)

今回のサイト:約3000PV弱:250000円(承認率平均80%超)

特別単価が出る前の話ですので、もう少し収益性は高まるかも知れません。

いずれにせよ、キーワードの選定と上位表示が如何に重要かということがよく分かりました。

ただ、同じキーワードでもう1回上位表示させろと言われたら無理ですね。

SEOはどこまで行っても運の要素が強いと思います。

来月の目標

珍しく来月の目標を掲げたいと思います。

2月の目標

発生:70万

確定:50万

を達成する。

9か月前に確定50万を越えたので、ある意味地味な目標に見えるかも知れませんが、そもそも先月12月の確定は25万円程度だったので2か月で倍!というのは本来おかしな話なんですよね。

アフィリエイトはいい意味でも悪い意味でも収入が不安定です。

先月数千万、数億売り上げていた企業で、今月数百万レベルにまで落ち込んだ所もあると思います。表立っては言わないでしょうが、この数か月でかなりやられてしまった方も多いのではないでしょうか。

アフィリエイトをやっている限り安寧という文字はないのだなぁと以前よりも強く感じています。

でも、それは新規参入者や今まで結果が出ていなかった人たちにもチャンスがあるということでもあるんですよね。

チャンスととらえるかピンチととらえるか。

私はチャンスであると思っています。

むしろ、ここにしかチャンスはない!

2016年は中古ドメインを使ったブラックハットアフィリエイターの天下でした。中古ドメインを使わなければ主要なワードは取れない。もしくはソーシャルリンク。

でも、今回の粛清で必ずしもそうでなくてもチャンスがあるのだということがよく分かりました。

この数か月の頑張りで30代はすべて決まると思っています。

下剋上のチャンスは今、この時にしかない!

落ち込んでる暇なんてないぜkeller!

これからのアフィリエイト業界予測 2017年 アフィリエイター目線

「お前ごときがアフィリエイトを語っているんじゃねぇよ」という以前いただいた有り難い言葉を無視して、世の中の底辺からアフィリエイト業界の予測をしたいと思います。

底からしか見えない景色もあるんだぜ?

ちなみにこの時点で2月1日になってしまいました。食欲は少しだけ出て蜜柑を1つ食べることが出来ました。

お医者さんに「これで痩せられますね!」と言ったら「別に太って見えないですけど」と言って苦笑いされました。

ただ、この記事を書いている間は不思議と気分は悪くない。

さて、2017年のアフィリエイト業界は大荒れになると思います。

個人的には大荒れ大歓迎です!

2016年もWelq問題やグーグルペナルティ問題で大揺れでしたが、今年はそれ以上に変化の多い年になると思います。

まず、収益を大きく伸ばすのはリスティングをうまく使う業者ではないでしょうか。

一部のジャンルにおいてリスティングの費用がとんでもなく上がっていますね。

中には1クリック8000円みたいなジャンルもあって、ちなみに今回1位をとれたキーワードは表示回数8000回ぐらいあって、クリックされたのは100に満たないほどです。ちなみにグーグルアドワーズによると1クリック数千円、看護師求人で出すよりも高額です。

クリック率が2%未満なのは、結局リスティング広告が持って行ってしまうからなんですよね。

当初、このキーワードで1位になれば数百万は固いと言われていましたが、蓋を開けたらこの程度です。1位になったのは月の途中からなので、うまくいけば今月は200クリックぐらいは行くかも知れませんが、10%のクリックである800クリックには到達しないと思います。

SEOで上位表示しても端で見ているほどの売り上げにはならないのだなと思いました。

アフィリエイトで大きくなった会社、例えばJP21なんかはリスティングでガンガン運用していますしね。

ただ、SEOの利益率は高いので、SEO+リスティングで利益を出しているところが最強かも知れません。価格comなんかその最たる例ですね。

正直、ジャンルにもよりますが、リスティングの勝負は1個人では難しいような気がします。

今年はSEOで得た利益を記事にももちろんドメインにも使わずに、広告費に使ってみたいなと思っています。

私はいずれアフィリエイトではなく教育業界に戻っていくと思いますので、その時のためにもリスティング運用を学びたいんですよね。

問題なのは一体どこで学べばいいか? という所ですね。

SEO同様、WEB広告の世界も詐欺師が多そうだぜ。

SEOに関してはブラックハットSEOとソーシャルSEO、巨大サイトの戦いになりそうですね。

去年の10月から続くグーグルペナルティの最大の問題点は、リンクの効果が落ちているわけではないという所だと思っています。

中古ドメインでサテライト作ってアンカーテキストでリンクドーン!はまだ有効なんですよね。

別に試した訳じゃないですよ。

ただ、飛んだサイトがドメインを変えて上がってきているのをよく見るんです。

脱毛やおせちみたいに季節色の強い所はまだまだ有効ですし、グーグルの目視の入らない分野などでは有効かも知れません。

ただ、高い中古ドメインを購入して記事代をねん出して上位表示が一瞬で終わるとなると利益率は低くなるのでやる人は激減しそうですね。

ペナルティを受けると恐らくIPアドレスごとグーグルのブラックリストに載ると思われるので、正直割りに合わなくなると思います。

そうなるとソーシャルSEOが盛んになりそうですけどどうなんでしょう?

賢威の松尾さんなんかが得意な手法で、ツイッターやはてぶなどのソーシャルリンクを集めて上位表示を目指す方法です。

某炎上の貴公子と呼ばれる高知のブロガーやウェルク叩きで有名になった蟹サイトの運営者など大量のアクセスを稼ぎ出してドメイン力を強くしようという手法です。

一部のアフィリエイターも取り入れている手法で、バーグ砲や寄稿記事などを有効活用している人もいますね。

特にはてなブックマークおよびはてな関連が非常に強いなと感じています。

「クレジットカード」という超ビックワードでクレジットカードの読み物が1位なのも、大量のはてなブックマークを集めているからだと言えますし、2017年ははてな界隈で影響力のあるブロガーが伸長してくるかも知れません。

いずれにせよ、アフィリエイターもはてな関連は無視できない流れになりそうです。

そして、ブラックハットSEOで効果を出して潤沢な資金と抱えてしまった固定費・人件費を投入して巨大サイトを作り始める流れも2016年には活発化していました。

価格.comやキュービックホールディングの各サイトのように巨大な総合サイトを作ってドメイン力を強くし、無双するという考えですね。

記事数が増えればドメイン力が上がる

という考え方に対しては今は個人的に疑問を持っています。

確かに価格コムなんかは色々なキーワードで上位表示しているんですけど、それほどでもないキーワードなら抜けるんだなっていうのが最近の感想です。

勿論、しっかりとSEO対策してある利益率高めの記事なんかは絶対に抜けないですけどね。

ドメインをその記事の評価項目としてどの程度信用度を置くのか?

これはグーグルでないとわからないことですね。

グーグルも、今の検索順位結果が続けば滅びる可能性は結構高いと思います。

今期も売上数兆円を出してウハウハのグーグル様ですが、特に長文SEOが続けば他の媒体に顧客を取られる結果になると思います。

「最近グーグル使わない。だって記事が長いんだもん」

知り合いが言っていた言葉ですが、そう思う人は多いと思います。

私は長い記事ばかり書いているくせに人が書いた長い記事は読みたくありません!

長ければ長いほうが検索順位の上位に食い込める今のアルゴリズムを、グーグルは早急に見直さねばならないでしょう。

それが一体いつのことになるのか?

それは未だ誰にも分りませんね。

個人はどうやって戦っていけばよいのか?

これってすごく難しい問題で、今までのは皆法人の戦い方なんですよね。

アフィリエイトという戦場が個人にとっては益々闘い難い戦場になっているなと思っています。

個人的には「キーワードを精査してユーザーの最適解を用意する」のがいいんじゃないかなと思っています。

大きなワードはもちろん大きなところが持っていくので、比較的小さめもしくは中ぐらいのキーワードを見定めて、そのキーワードに対してどこよりも最適な解を出せる記事を作る!

キーワードの裏側にある検索者の思いをできるだけ具体化できるコンテンツの作り方が求められているのかなぁと。

例えば「ルレア」で検索する人はルレアって稼げるのかな? 値段は高いのかな? 実際に買って稼げるようになった人っているのかな? 詐欺じゃないのかな? 成果が出るまでどれぐらいの期間が出るんだろう? と言ったようなことを解決できる記事が好まれて評価される時代になってきているのかと思っています。

何を寝ぼけたことをと思う方もいらっしゃると思いますが、多分グーグルはユーザーの動きをある程度アルゴリズムに取り入れることに成功しているんじゃないかと思っています。

例えば、記事を最後まで読んだ(クロール)したかなどまで見られるのではないかと。

以前どこかの記事で滞在時間はSEOに影響すると書いたのですが、今は滞在時間は関係ないかなと思っています。

単純に、グーグルはアナリスティクスがないとサイトの滞在時間までは測れないんですよね。

それじゃあどんな行動がアルゴリズムに影響するのかとかはわかりませんが、少なくともユーザーの動きを何らかの形で反映させているんじゃないかと思っています。

その過程で厳しいのは、良質な記事を書いたのにキュレーションにパクられるという悲劇ですね。

第二、第三のウェルクが出てきたら…

アフィリエイトは厳しいや(><)

 

身体が良くなったらやってみたいことリスト

気が付くとこの時点で15000文字を越えてしまいました。

奴は、大切なものを奪っていきました。我々の時間です状態になってしまって申し訳ございません。

でも、40日間も寝たきりでほとんど誰とも会話してないので許してください。

さて、どこにも需要がないのは承知ですが、体がよくなったらやりたいことリストを勝手にここに書きます。

あたいのブログなんだからあたいの好きにさせてよ(;;)

・水泳を始める←must

・料理を習う

・英会話を習う

・昔の友に会いに行く

・来年は婚活をする…かも

・アフィリエイターの知り合いを10人作る

 

水泳を始める

小児喘息を克服するために幼稚園から小学校1年生ぐらいまでは水泳を習っていた記憶があります。

水泳を習っていた時は喘息の症状はあらわれなかったので、またやり始めようかなと思います。本当は今すぐにでも始めたいのですが、医師に「今はダメだよ」と言われました。

まずはバタ足から始めないとなぁ…

 

料理を習う

料理好きのOLと知り合いたい!!

というのが動機の50%で料理がうまくなりたいというのが残りの50%です。

私はほとんど外食せず、料理は基本全部自分で作っています。

私の場合摂取してはいけない栄養素などもあって、例えば豚肉なんかは一度湯がいたものでないと食べると危険状態なんですよね。

ちょっとでも油断すると血液検査で異常値が出たりするので日々の食事は真面目に死活問題なんです。

最近では男性OKな料理教室もあるみたいなので元気になったら見学に行きたいと思います。

むしろ料理好きなOL以上に料理好きなサラリーマンとかと知り合いたいかも。

兎に角人と話たいんだ…

 

英会話を習う

英会話好きのOLと知り合いたい!!

私は断然ダントツで英語が苦手なので、英語好きの女性にものすごく弱いのです。

10年近く毎日英語を教えていたくせに、多分TOEICで言ったらスコア800ぐらいの力しかなかったと思います。今は下手するとスコア650とかその辺かも…大学生の時確か650ぐらいだった。英語は苦手だ…

その程度で英語教えてるんじゃねぇよ!!と怒られそうですね…

もう完全に恥部ですね。でも後二か月で消えるからいいか!

元々アフィリエイトを始めたのも集客を学びたかったからというきっかけだったので、さすがにいつでも現場で教えられるぐらいの力は維持しておきたいんですよね。

意識高いビジネスマンとかとも友達になりたい!

別に家で独習でも十分なんですが、兎に角人と話したいんだ…

 

昔の友に会いに行く

この記事を読んでもお分かりのように、私は結構ヤバい奴です。

私が過去に取った行動のうち最もヤバかったのは携帯を解約し、インターネットも繋がず、住所をかえ、1人暮らしを始めたことですね。

要は一切誰も連絡を取れないようにしたんですね…

もう、マジヤバス。

それでもなんとか発見してくれた奴がいて、それゆえに何人かとは未だに食事に行っていたりします。

大半は連絡先が紛失していて、完全断絶してしまいましたね。

今更許してほしいというのはムシが良すぎると思いますが、それでもやっぱりまた会いたいなって思います。

でも、都合がよすぎるかな。

 

来年は婚活をする…かも

 

真面目半分不真面目半分

1月の上旬、もうどうしようもなくなって奥の手である母親を召喚しました。

マジで動けなかったんですよね。

そして案の定帰り際に「あんた、結婚しないの?」の一言。

ああ、そうだよね。

たった一人生き残っている子供が結婚もせず、看病してくれる女性すら存在していないんだものね…

さすがに母親に申し訳なく思いましたね。

「あんた見合いする気あんの?」と。

「見合いですか?」

「どうせ美人だったらしたいけどブスなら嫌なんでしょう?」

そう言って母親は去っていった。

…そうだよ母さん、世の男性は須くきっとそうだよ。

ブスと結婚するぐらいなら一生独身でいいと思っている男ばかりだからこの国は少子化に陥るんだよ!!

という話は置いておいても、今の私じゃあ見合い相手がかわいそうすぎる。

専業アフィリエイター 年収200数十万

これで成立する見合いってどんなだ?

もう完全に事故物件じゃねぇか!!

真面目な話、サラリーマン時代に婚活サイトに登録をしようかどうか本気で悩んだことがある。

その頃はもちろんアフィリエイトの仕組みなんて知らない。

思えばあの頃に見たサイトは大体アフィリエイトサイトだったんだろうな。

まず最初に「30代独身」で検索した。

多分今と変わらない内容なんだと思う。

検索するのはほとんど女性なんだろうな。

煽る煽る。

女性ではないけれどそのあおりには心が削られるものがあった。

婚活のアフィリエイトやっている人にお願いしたい、あまり30代の女性をいじめるな。

別に30代前半の女性なら全然需要あると思うぞ。

まぁ、そんな私は30代前半の女性からは対象外なんだろうけどな!!

「男は年収女性は年齢で婚活は決まります」

誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる。きっとその一言に婚活の全てが集約されるんだろうな。

なにせ登録するのに何十万もかかるんだろう?

その元をとろうとすると年収が高いほうがいいわな。

というか年収の低い男なんかと結婚したら苦労するのが目に見えているわな。

年収の低い男=価値なし!!

これで私は画面をそっと閉じました。

年収500万ぐらいないと婚活はきついんよね。自営業なら600万ぐらいじゃろうか?

「女性は希望年収をもう少し下げれば、男性は希望年齢をもう少し上げれば成約するのにというケースが多い」

なんても書かれていた。需要供給曲線がめちゃくちゃらしいな。

男性はとにかく若い子に目が行き、女性は年収の高いほうに目が行く。

結果として若い子と年収の高い男性が結ばれる。

もはやギャグだな。

若い女性なんて多分冷やかしだよな。

23歳ぐらいの頃友達と集まって、何人か婚活サイトに登録している娘がいて、「え?婚活すんの?」って聞いたら「まさか。でも、いい男がいたら考えるかも♪」なんて言ってたっけ。あんたにはKO卒メガバンク勤務身長180cm実家お金持ちで愛車はベンツという彼氏がいるだろうが!

思えば、彼女はいつもより良い男を探していたな。あのガッツの半分でも私にあればよかったのだが…

後は婚活パーティでサクラのバイトをしているという人間にあったことがあるな。

…なんてことだ、夢も希望もないじゃないか。

婚活したいと思っているのは30代の男女だが、人気になるのはサクラや冷やかし登録した人間。

完全に地獄絵図だ。

地獄というのは地下にあるんじゃないよ、地上の婚活パーティにあるんだよ…

とはいえ、実際に国際線のスチュワーデスと知り合った友人がいたな。

そやつは東京一工卒で某業界最大手企業の研究職という花形部署で、そのパーティも先輩に誘われていったらしい。思えばそのパーティには普通の人は行けないんだろうな。

実際はどうなんだろうな。

婚活パーティとか婚活サイトで結婚した知り合いっていないんだよな。知り合い自体が少ないってのもあるんだけどさ。結婚した後のことが知りたいよね。

今は3組に1人が離婚する時代だし、なんというか、夢も希望もないよな…

嫌々待て、そんな消極的なことを考えてはいかん。

思考は現実化するんだ。

常に良い妄想をすると良い結果になるに違いない。

まずは理想像から考えよう。

職業はOLとか公務員がいいな。

安定した収入のある人がいい。年収350~500万円ぐらいが理想。

年齢は…26歳から28歳ぐらいがベストだな。

おい、お前はさっき30代でもOKだと言っていたじゃないかという声が聞こえそうだが、あくまで理想を語っているだけだ!

趣味は料理とか旅行とか映画を見ることとかそんな感じがいい。

性格は明るくなきゃダメだ。

私がこんなくらい悲観的な性格なので、楽観的で明るい性格が良い。暗いのはダメだ。昔暗い女性と付き合って最後は着信拒否されるまで至ったからな。暗いのと暗いのが一緒になったらダメなんだよ。

ちょっと楽観的すぎてこっちがイラっとくるぐらいがちょうどいいな。「まぁ、なんとかなるっしょ」が口癖の女性最高やん!

顔はブスじゃなきゃいい。

でもブスはダメだ!!

ここだけは譲れない。

しかしそのためにはこちらもパワーアップしないとダメだな。

まず最も重要なのは年収だ。

今年は年収800万円を目指す!!

今年は経費をほとんどかけないので、アベレージ月70万円の確定報酬があればよいんだな。

これは実現可能な気がする。今年の5月には確定100万円を達成したい。今あるサイトには、それだけのポテンシャルがあるはずだ。去年作ったサイトが、まだまだ本格化しているわけじゃない。

よし、イケル!あとはなんだ?

これでOKか?

未来のオラのスペック

年収:800万円

身長:180cm

体重:72kg

見た目:フツメン丁度日本人の真ん中ぐらい

学歴:東京六大学のどれか

趣味:料理 水泳 英会話 読書 映画 トイプードル

職業:経営者

性格:クレイジー

 

うん。なんかイケル気がして来た。

問題なのは今の段階では半分も実現できていないところだな。身長と見た目と学歴しか満たしていないぞ…まぁ、頑張ろう。このまま家の中にいてパソコンでカタカタしているだけの人生ってやっぱ嫌だもんな。

でも、できれば料理教室とかで普通に知り合いたい…

料理好きの女性って素敵やん?

でもそういう女性って大体彼氏がいるんだよなぁ…

 

アフィリエイターの知り合いを10人作る

これは自分の中でかなりハードル高いです。

今のところ0人です。

どうやって知り合いになるんだろうか?

やっぱりツイッターとかやりながらダンダンと仲良くしていくんでしょうかね。

2年ぐらい前にツイッターのアカウントを作ったのですが、大敗北に終わりました。

正直どうやって使えばいいのかわからん!

何もしないからフォロワーも増えないし、相互フォローアカウントみたいなのに登録してフォロワーが増えたように見せるという自分は一体何をやっているんだ?状態で撤退しました。

マジであれほど使い方のわからなかったツールもないですね。

Facebookとかアカントだけ作って知り合いのを見て悲しい気持ちになって終わったな…

あそこで「者ども、オレやで!!」とかってノリで連絡を取れば今色々なことが違う形になっていたのかも知れない…

でもなぁ、SNSは昔やってたmixiで懲りたんだよなぁ。

mixiで知り合った人に会いに行くたびとか昔やった記憶がある。

大学時代のいい思い出の一つだよ。

後半は多重な人間関係が重なりあってどうしようもなくなって一回辞めてまた復活したんだっけ?

もはやログインIDとかさえわからない。

今は知らないですけど、当時は実名で登録するのが当たり前で、すると色んな人が自分の名前を検索してやってくるわけですよ。

その範囲がどんどん拡大されていくと収拾がつかなくなる。中学校の時の名前と顔を思い出せない後輩の女の子とかでも申請されたら断れないしね。内輪でワチャワチャやってて楽しくても、それを他の人も見てるんだと思うとあれ、今寒くね?みたいな。ログインしないと最近ログインしないんですねって言われたり、ある時知らない奴から辛辣なメッセージが届いたり、ってこれは今も似たようなものか。

SNSにはカタストロフィポイントがあっていつかは終焉するものなんですよね。

嫁の悪口ばっかり書いてたら嫁に見つかるみたいな。

でも、いつかは消滅する関係でも、兎に角人と話したいんだ…

ツイッターのアカウント開設して、東京周辺で飲みたいアフィリエイター集まりやがれ!!って言ったら1人ぐらいは来るんだろうか?

むしろ誰も来なくて一人酒イェイ!とかツイートして誰も来なかった飲み会オフレポ!!とかやった方が面白いかも知れない。

来月辺りツイッターのアカウントでも開設しようかな…

でも、詐欺師みたいなやつばかり集まったら怖いな。

気が付くと塾の勧誘やマルチ商法、宗教の勧誘なんかされたりして…

自分はアフィリエイターだが、やはりアフィリエイターに対するイメージは悪いな。

でもそれはそれで面白いかも知れないな。

「アフィリエイター飲み会を開催した結果…」

「ツボかわされたったwww」

おいおい、2chまとめじゃないんだぞ。

やっぱりセミナーとか行くのがいいんだろうか。

うぅん、わからない。

もしかしたら以前にコメントをいただいた方にメッセージとかを送るかも知れません。

その時は、「あ、こいつ寂しいんだな、しょうがないから相手してやるか」ぐらいの気持ちでお付き合い願えればうれしいです(;;)

 

…気がつくと2万字クラスの記事になってしまっていた。

完全に頭のおかしな奴の書いた文章になってしまった。

読んでいる人は知らないが、書いているコッチは結構楽しかった。

この数十日間、兎に角辛すぎた。次から次へとよくないことが頭に浮かんできて、不安になって叫びたくなって泣き出したくなることが何回もあった。

でも、楽しかったことや馬鹿馬鹿しいことを考えているとそういったことはどこかに消えて行った。

やっぱりできるだけ楽しいことを考えて生きていきたいな。

「昔はよかったねと いつも口にしながら 生きて 行くのは 本当に嫌だから」

槇原敬之の傑作「どんな時も」にもあるように、過去の思い出だけ生きていたくはない。

この数十日間で、色々なことを思い出した。楽しい思い出だけじゃない。

嫌な思い出も勿論たくさんある。

残念ながら楽しい思い出は大学生の時が最後になってしまっている。

だから、これから先楽しい思い出が作れる人生にしたいなって真面目に心の底から思っている。

思考は実現する

といいなぁ…

最後に

こんな長い記事を読んでいるあなたは間違いなく変態だ。

だから友達になろうぜ!

というか既に我々はダチだぜ!

そのうち東京で飲み会開きたいと思っているので、ぜひ参加してください。

それでは。